顎関節症の症状 もう治らないと諦めて放置していませんか?


顎関節症専門サロン プラウス 歯科衛生士  明山由紀(あけやまゆき)です。


顎関節症とは、

「痛みがあってお口が開かない」「痛みはないけどお口が開かない」「お口は開くけど 痛みがある」

「痛みはなくお口も開くが顎がカクカクなる」「痛みがあってお口が開かなくて顎がカクカクいう」

などの症状が慢性的に続くものです。

これらのお口周りの不調だけでなく、肩こり・首こり・頭痛、耳鳴り、イライラ、鬱などの問題を引き起こします。

また、歯科矯正やお口の中にいれた人工物が噛み合わせを狂わせ発症することもあります。


顎関節症の原因は「咀嚼筋の緊張」です。

咀嚼筋の緊張は「歯ぎしり・食いしばり」によって起こります。

それらを続けていると筋肉に老廃物がたまり、それを押し流そうとさらに食いしばり、疲労が溜まります。

顎関節症の症状があっても「私、歯ぎしり・食いしばりはしていません」という方がいらっしゃいます。

ですが、TCH(歯列接触癖)という上下の歯の機能時以外の不用意な接触癖がある方が多いです。

「口を閉じている状態では上下の歯が触っているのが当たり前」と考えている方がまだまだ多く、上と下の歯は接触しないようにとお話しするとたいてい驚かれます。

上下の歯が接触する程度でも筋肉は緊張し疲労します。

また、食いしばりは顎に体重の2倍の力がかかると言われていますので体のどこかに不調が出るのは当然です。

顎が耐えられなければ痛みが出てお口が開かなくなりますし、歯が弱ければヒビが入ったりしみるようになったり、最悪の場合、割れて抜歯になることも。失わなくていい歯を失ってしまうのです。

そして、その後の治療で人工のかぶせものが合わずに顎関節症の症状が出たり、肩こり・頭痛・耳鳴り・めまいなどの不定愁訴に悩まされ鬱状態になることもあります。


当サロンでは歯科衛生士が口腔内カウンターストレインという手法でお口の中から咀嚼筋の一つである外側翼突筋を緩めていきます。

痛くて開かないお口を無理矢理開いていただくこともしませんし、マッサージのように揉んだり押したりもしません。

優しく触れたり、息を吐いたりしながら筋肉に微弱刺激を与えます。

あまりの刺激のなさにお客様は「これで効くの・・・?」と心配になるそうですが、施術後の効果はお客様が一番よくおわかりになっています。

そして、誰でも出来る簡単なセルフケアを施術後の状態を長く維持してもらえるようお伝えしています。


お口がスムーズに開かない、お口を開けると音がする、という症状も咀嚼筋を緩めることで緩和されていきます。

不定愁訴が顎関節症と関係していることはあまり知られてないかもしれませんが、咀嚼筋が緩めば体全体も緩んでいくので肩こり・首こりなども改善されていきます。

そして、顎関節症の症状が改善されるだけでなく、口角が上がりお顔がリフトアップしたり、お顔の幅も狭くなってエラ張りが目立たなくなります。


顎関節症の症状はもう治らないと諦めて放置していませんか?

マウスピースを作ってもらって症状は改善しましたか?

今まで治療だから、と痛みや恐怖を我慢していませんでしたか?

苦痛や我慢をすることがさらなる緊張を呼び、症状はよくなるどころか悪化することもあります。

もう、症状を諦めたり不安を抱えながら治療を受ける必要はありません。


どこにいっても症状が変わらず、将来に不安を感じている方

顎関節症のために噛み合わせを調整したり歯科矯正を始める前に筋肉を一度緩めてみませんか?

一人で悩まずに歯科衛生士にご相談ください。



ブログ

ブログ 最近の記事

  1. 前回まで歯ぎしり・食いしばりの歯への影響についてお伝えしてき…
  2. 歯ぎしり・食いしばりの影響、 歯への影響は最終回です。…
  3. 歯ぎしり・食いしばりをすることで 歯に亀裂が入ったり …
  4. 歯ぎしり・食いしばりの影響で歯がしみることがあります。 …
  5. 「私、歯ぎしりしてます」 「食いしばりもしてます」 …